肌にできるトラブルもスキンケアで解消|化粧品効果で美白を目指そう

レディ

発毛効果がある育毛剤

まつげ

副作用を知っておくこと

病院で手に入るまつげ用の育毛剤は、医師の指導に従って正しく付けることが大切です。医薬品のまつげ育毛剤を使い続けると、まつげが長くなり量が増えます。しかし、使い続けることで、まつげの生え際あたりが色素沈着して黒ずむことがあります。また、充血やドライアイなどの症状が出る場合もあります。副作用が出たら使用を中止して、病院に行って相談してみるのがお勧めです。まつげ育毛剤を使い始めて3ヵ月目くらいすると、目に見えてまつげのボリュームがアップします。しかし、使うのを止めると徐々に元に戻っていきます。ボリュームを維持するためには使い続けることが大切です。長くなるまでは一日に一回使用し、希望の長さになったら2日や3日に1回使用するのがお勧めです。

しっかり発毛する

化粧品のまつげ美容液よりも優れた効果があるのが、病院で処方してもらえるまつげ育毛剤です。化粧品の場合は「育毛効果」がある成分を配合していて、穏やかな効果があります。しかし、病院でもらえる育毛剤には「発毛効果」があります。すでに生えているまつげを長くするだけではなく、新しく生えてくるように発毛を促す効能があります。明らかに量が増えてまるでエクステをつけているかのようになり、すっぴんでも目ジカラがアップします。化粧品は毎日使っても副作用がないという安心感があります。肌が弱い人、もともとまつげが長い人、今生えている分を守りたい人に向いています。医薬品は副作用がありますが効き目が高く、貧毛をしっかり治したい人に最適です。